銀行融資の審査について

銀行が提供しているカードローンが人気です。
銀行系カードローンは総量規制の対象外であり、年収の1/3以上でも融資可能ということで利用者が増えています。
専業主婦でも配偶者に一定の収入があれば同意なしで申込みが可能なので、幅広い層の方が利用しています。

銀行カードローンの申込みには本人確認書類が必要になります。
本人確認書類としては健康保険証や運転免許証が使用されるケースが多いです。
有効期限が過ぎていたりすると審査がストップしてしまうので、よく確認して準備しましょう。

融資額によってはこの本人確認書類以外に収入証明書類の提出が求められることがあります。
審査において返済能力の有無を判断したり、融資額や限度枠を決定する際に用いられます。
公務員やサラリーマンといった給与所得者の場合は源泉徴収票や所得証明書を準備します。
自営業や個人事業主の場合は、納税証明書や課税証明書、確定申告書の写しなどが必要です。
専業主婦の場合は身分証明書のみでカードローンが利用できます。
専業主婦カードローン※旦那にも内緒で申込める主婦向け借入れでも紹介されている情報なので専業主婦の方は一度確認してください。

学生もアルバイトなどで一定の収入があれば、銀行カードローンで融資可能な場合もあります。
申込みの際には本人確認書類に加えて学生証の写しが必須となります。
カードローンの審査が気になる学生がいますが、アルバイトで毎月収入があれば申し込みできます。
(学生には三菱東京UFJ銀行のバンクイックの利用が多いようです)
審査に必要な書類等は銀行によって変わってきますので、ホームページなどでよく確認しておきましょう。
時間に余裕を持って事前に準備しておくことがポイントです。

不明な点は相談窓口などで気軽に問合せができるので利用しましょう。
審査では本人確認や所得についてのほか、職業や勤務年数などが考慮されます。
また個人信用情報を照会して延滞歴や借り入れ状況が確認されて、融資可能かどうかが決定されます。